TOP花を育てる > 花を育てるテクニック/切り花編

花を育てるテクニック/切り花編

アレンジ次第でおしゃれに

切り花は、ちょっとしたコツを押さえればいつもより長持ちさせることができます。また、生け方次第で素敵なインテリアにもなります。ここでは水揚げにチャレンジしましょう。

これを覚えましょう!

水の量は?
お花は吸い上げた水を葉から蒸散し、水自体も蒸発するため、たっぷりと入れて。ただし水の吸収が良いアイリスなどは多すぎるとお花が早くに終わってしまいます。また、ガーベラなどの茎が腐りやすいお花は水を少なめに。アレンジメントなどは霧吹きや水差しでこまめに水を補給して下さい。
水を取り替えるときの注意点は?
花器の水は毎日取り替えましょう。茎の切り口から出される有機物がバクテリアを発生させてしまうので、花器をきれいに洗ってください。ひどい汚れのときは、中性洗剤で洗うのも良いでしょう。ただし、延命剤を使用している場合は、毎日替える必要はありません。
水がすぐ濁ってしまう
この場合、水の中に葉がつかっていると思われます。水につかっていると葉は腐りやすくなるので、それで濁るのです。水につかる部分の葉は必ず取り除くこと。その際、茎を傷めないよう注意して。
水切り − 水中で切る

必ず水中でカットしましょう

適しているお花 : ほとんどのお花
 
一般的な水揚げの方法。ボウル等にたっぷり水をはり、茎の根元を水の中につけて、水中で根元から1〜2cmのところを斜めに切ります。空気中で切ると、茎の中に空気が入り、水の通りが悪くなるため、効果が半減します。


燃焼法 − 根元を焼く

適しているお花 : 水があがりにくいお花(ライラックや、あじさいなど)
 
茎の切り口を、炭化するまで焼き、すぐに水につけて冷やします。お花や葉に熱気が当たらないよう、根元以外を濡れた新聞紙などでくるみます。枝ものなどの水揚げを良くします。

身近なもので長持ちUP

市販されている切り花の延命剤を利用すると、水と一緒にいれるだけで長持ちします。また、薬品法として身近なものを使った方法もあります。これらは殺菌等の効果があります。

お酢
切り口を酢に30秒〜1分ほどつけ、すぐに水につける。
アルコールも効果的。
漂白剤
水の中に塩素系の漂白剤を水1Lに5〜6滴を入れると、
バクテリア等の繁殖が抑えられます。
中性洗剤でもOK。
砂糖
漂白剤と一緒に砂糖を水1Lに5〜10gを入れる。
栄養補給として効果的。
延命剤
詳しくはお花屋さんでお尋ねください。