花を育てるテクニック/観葉植物(グリーン)編

TOP花を育てる > 花を育てるテクニック/観葉植物(グリーン)編

花を育てるテクニック/観葉植物(グリーン)編

初心者でも簡単・楽しい!

インテリアとしても人気の高いグリーン。長く楽しめ、初心者にも簡単に育てられます。ここでは少しでも長く、上手に育てる為のケアをご紹介します。

これを覚えましょう!

四季別のお手入れ
夏と冬には要注意。ほとんどの観葉植物は四季のない地方の植物です。温度と湿度の変化は不慣れです。真夏の戸外も直射光で日焼けを起こします。日除けを用いるなどして調節を。
室内の場合は、冷たい空気と乾燥に注意。20℃以下にはしないように。真冬の室内では、水やりを控えめに。暖房の風が直接当たらないよう7〜10℃で保ってください。
名前が分からないときの基本的なお手入れ
明るい間接光に置き、表土が乾いたらたっぷり水やりを。1ヵ月ほど様子を見て、光不足なら茎がのびて葉が黄ばみ、乾きすぎなら葉先が黄色くなったり内側に巻き込んだりします。最適の場所を探すよう工夫して。
年間の肥料のやり方
4月
新芽が出だしたら薄い液体肥料を月2回程度与える。
5〜7月
水やりのたびに肥料が溶ける暖効性の化学肥料を表土に埋める。
8〜9月
リン酸(花のつきを良くする)やカリ(根を育てる)の多い化学肥料を与える。
10月〜
肥料やりは控える。ただし、冬にも成長する植物は春と同様に液肥を与える。