花キューピット

花の技術を競う、花への想いをかたちにする フラワーデザインコンテスト Flower design contest

JFTD花キューピットでは、人材の育成と花き業界の発展を目的とした、様々なイベントに主催・共催をしています。その中でも「フラワーデザインコンテスト」は代表的なイベントです。
「フラワーデザインコンテスト」では毎年「ジャパンカップ」を開催し、5年に1度「グランドチャンピオン選手権」も開催しています。

2022年5月25日開催されました「2022ジャパンカップ」の模様をYouTubeでご覧いただけます。コチラから!

2022年5月25日更新

毎年開催

ジャパンカップ JAPAN CUP

ジャパンカップの画像

毎年行われるジャパンカップは、全国のJCブロック代表選考会、前年のジャパンカップ上位入賞者、そして花き関連団体・組織からの推薦を加え、展示競技を行います。
セミファイナルには20名が進出し、最終的に勝ち残った10名がザ・ファイナルで競い合い、最後にその年のジャパンカップ優勝者(フローリストNo.1)を決定します。
フラワーデザイン競技会「ジャパンカップ」は、真の日本一のフローリストを決定する競技会として、花贈り・花飾りの機会拡大を目指すとともに、花の専門小売店が持つ最高の技術力を競います。
昭和57年に第1回を開催し、第3回(昭和59年)より優勝者には「内閣総理大臣賞」が授与されています。2009年の第28回より参加者を社団法人の会員に限らず門戸を広げています。

5年に一度の開催

グランド
チャンピオン選手権
Grand Championship

グランドチャンピオン選手権の画像

過去5年間におけるジャパンカップの成績優秀者から上位10名を選出し、「グランドチャンピオン選手権大会」を開催しています。グランドチャンピオン選手権とは、国際大会に向けた日本の代表を選抜するための、トップフローリストによる国内最高峰のフラワーデザイン競技会です。数種目の競技が行われ、総合得点の最も高い競技者が優勝となります。

毎年開催

花キューピット
グランプリ
HANA CUPID GRAND PRIX

花キューピットグランプリの画像

「花キューピットグランプリ」は、平成14年8月より「ジャパンカップ」と並行して設けられていた「JFTD大賞」部門の名称を「花キューピットグランプリ」に変更。
「花キューピットグランプリ」は商品開発のヒントとなるアイデア商品を持ち込み、腕を競い合うコンテスト。毎年異なるテーマで、花キューピット各加盟店で競い合う、商品性を重視した競技会です。各加盟店から様々なアイデアや発想が形になり、皆様にご覧いただけます。
毎年、全国の加盟花店から約100店のエントリーがあります。