花キューピット

お知らせ TOPICS

お知らせ
2020.07.16

医療従事者の方々に「感謝の青い花を花キューピットで」 皆様から集まったメッセージにお花を添えてお届けします

医療の最前線でたたかう人へ「青」で感謝の気持ちを示す「#MAKEITBLUE」の趣旨に賛同し、応募いただいたメッセージにお花を添えて8月7日「はなの日」に花キューピットから医療機関にお花をお届けします。

JFTD花キューピット(所在地:東京都品川区 会長:澤田 將信)と花キューピット株式会社(所在地:東京都品川区 代表取締役:𠮷川 登) は、2020年7月16日(木)より、医療従事者の方々へのメッセージを募集し、集まったメッセージの数のお花を2020年8月7日(金)「はなの日」に医療機関にお届けいたします。

この取り組みは医療従事者への感謝の意味を込め、日本全国の施設を青く染める「LIGHT IT BLUEキャンペーン」を展開する他、青を用いた様々な表現手法で医療従事者への感謝を表現する「#MAKEITBLUEプロジェクト」の趣旨に賛同するものです。花キューピットグループは「心に花を添えて贈り、感動を生み出す」ことを目指しています。この度の活動では、医療従事者の方々へ伝えたい感謝の言葉に青い花を添えて、皆様の心をお届けできたらと考えております。

■「感謝の青い花を花キューピットで」詳細
医療従事者の方々へのメッセージを募集し、集まったメッセージの数のお花を8月7日(金)「はなの日」に全国約60の感染症指定医療機関へお届けします。
※生花の本数に限りがあるため、参加希望者が上限に達した際はメッセージのみお預かりします。本取り組みの詳細や集まったメッセージは以下のURLより確認いただけます。
https://www.i879.com/campaign/c06/

■メッセージの募集について
Twitterまたは応募フォームからメッセージをエントリーできます。募集期間:2020年7月16日(木)~8月6日(木)

・Twitter
Twitterから、ハッシュタグ #MAKEITBLUE #感謝の青い花を花キューピットで をつけてメッセージを投稿するだけで参加できます。

・応募フォーム
Webページ(https://www.i879.com/campaign/c06/)からメッセージを投稿するだけで参加できます。

■お届けするお花について
8月7日「はなの日」に全国の花キューピットのお花屋さんから医療機関に一斉にメッセージを添えた青いカーネーションとひまわりをお届けいたします。世界で唯一の青いカーネーション「ムーンダスト」で感謝の気持ちを、花言葉に「敬慕」をもつひまわりで尊敬の念を表しています。

専用の箱の中に小さな花束がぎっしりと詰め込まれ、医療機関で働く方々お1人ずつ手に取っていただけるようにお渡しいたします。お届けする8月7日当日は、レインボーブリッジや〇〇や〇〇など、全国の主要施設で「LIGHT IT BLUEキャンペーン」も実施中です。青いライトと青い花で感謝の気持ちを伝えたいと考えています。

■世界で唯一の青いカーネーション「ムーンダスト」
サントリーとオーストラリアのフロリジン社(2010年 活動休止)との共同開発により生まれた、世界初の青いカーネーション「ムーンダスト」。青いバラの開発過程で生まれたこの花は、ペチュニアなどの青い花から青色色素を作る遺伝子を採取し、カーネーションの遺伝子に組み込むことによって生まれました。
世界で初めてバイオテクノロジーを用いた開発に成功した、貴重な青いカーネーションは1997年から「ムーンダスト」ブランドとして発売しています。 「ムーンダスト」は、”月のようにやわらかな包容力のある花に”との思いを込めた名前です。月は豊穣、生産の象徴で、母性、やさしさ、包容力をあらわします。

公式サイト:https://moondust.co.jp/

■#MAKEITBLUE
MAKE IT BLUEは、新型コロナウイルスによるパンデミックで仕事が停止状態にあるイギリスのエンターテイメントおよびイベント業界の仲間達が集まり結成されました。医療関係者を象徴する”⻘”をつかって、医療現場の最前線で闘っている方々に感謝の意を伝える運動です。毎週木曜 20 時に街に⻘の明かりを照らして感謝の意を伝えようと、3月26日にロンドンで正式スタートしました。その後、イギリス全土に広まり、ヨーロッパ各国、アメリカ、アジア諸国と世界的なムーブメントになっています。

日本では、イギリスの MAKE IT BLUE から派生する形で、有志によるMAKE IT BLUE JAPAN の活動が始まりました。4月23日(木)より、医療従事者への感謝の意味を込めて、日本全国の主要施設を青く染める「LIGHT IT BLUEキャンペーン」が始まりました。現在は、趣旨に賛同する団体により、ダンスや演奏といったパフォーマンスで感謝の気持ちを伝えたり、医療用アルコールのパッケージや制服にMAKE IT BLUEのロゴを入れて感謝の気持ちを表現したりと、様々な手法で医療従事者への感謝の意を表現する活動が拡がっています。

公式サイト:https://www.makeitbluejp.com/